採用面接のポイント

採用面接は、ヒルティにとってもあなたにとっても、非常に重要な意味を持つ時間です。面接は、お互いの相性を判断する場となります。

ヒルティがどんな会社なのかーヒルティの精神と言ってもいいでしょうーこれを知るには、ヒルティの社員と会うのが一番です。実際の面接の前に、当社の社員と会って、話す時間を設けるようにしています。こうすることで、私たちとあなたが同じ価値観や考え方を持っているか、一緒に仕事をしていけるかどうかを確認することができます。

応募する職務や地域に関わらず、第一回目の面接は約1時間を予定しています。この面接を通過した方は、二次面接に進み、続いて小論文を提出します。

安心して面接に備えていただくために、当社社員からのアドバイスを紹介します。転職希望の方にも新卒の方にも、役に立つ情報です。

面接の心構え

自分自身でいてください。私たちはありのままのあなたを知りたいのですから、自分らしさを見せてください。ヒルティが求めるのは、私たちの企業文化に合い、会社で成功していける人です。自分以外の誰かになろうとしても、長い目で見ればお互いのためにならないし、意味がありません。リラックスして、いつも通りの自分でいてください。

情熱を見せてください。より良い未来を築くことに情熱を持っているなら、それをぜひ教えてください。つまらない礼儀に縛られたり、遠慮したりしないでください。あなたが業界のことをどれくらい知っているかは関係ありません。私たちは、エネルギッシュで、わくわくする気持ちを持っている人を求めています。

好奇心を持ってください。私たちは学習する意欲、挑戦する勇気、向上心や物事を向上させる気持ちを持っている人を歓迎します。これらの資質は、ヒルティを企業として成長させ、あなたがキャリアアップを図っていくのに、欠かせないものだからです。

オープンに話してください。「間違ったこと」を答えてしまったらどうしようと、心配しないでください。間違った答えなどというものはありませんし、私たちはあなたの発言が「正しいかどうか」をチェックするわけではありません。誰にでも、強みと弱みがあるのです。むしろあなたが自分の弱点を認識し、語ることができるなら、それは貴重な能力です。

下調べをしてください。私たちに会いに来る前に、少し時間をとって会社のことを調べてください。そうすれば、あなたに好奇心があることや、ヒルティで仕事をすることに熱意を持っていること、ヒルティの価値観を理解していることをアピールすることができます。

ヒルティで働くことを想像してください。文字通り、あなたを面接する人たちと働いている自分の姿を想像してください。あなたの目の前に座っている人たちは、自分が働くことになるかもしれないチームや「ヒルティウェイ」を反映しています。この人たちと働いている自分の姿をうまく思い描けるなら、自分に合っている職場だといえます。

率直に話してください。ヒルティは人間が相手の仕事をしており、人柄を重視しています。性格的に相性がよいことが、採用のポイントになります。ですから質問の答えを用意してきたり、正しい答え方にこだわらないでください。私たちが会いたいのは、正直で、自然で、率直なあなたです。

リラックスしてください。ヒルティで面接を受けた人の多くが、来てみたらすぐにリラックスできたと述べています。あなたもそう感じるなら、ヒルティの職場に溶け込めるといえるでしょう。ヒルティは、面接で受ける印象の通りの企業です。職務や勤務地、報酬などのことよりも、ここで働いたら自分は幸せかどうかを考えてみてください。毎日会社に行くのが楽しいと感じるためには、波長が合うことが大切です。

ヒルティの価値観を理解してください。ヒルティの事業の核心にあるのは、誠実さ、勇気、チームワーク、コミットメントで、私たちはこれらをとても大切にしています。あなたもこうした価値観を持っているのなら、なぜそのように考えるのか、どのように実践しているのかを、ぜひ教えてください。

実体験を教えてください。どのように物事にアプローチして達成したのか、実体験を話してください。私たちが聞きたいのは、具体的な状況であなたがどのように行動したか、あるいはどのように行動するかということです。こうするのが正しいだろうとか、今の会社ではこのようにしているとか、仮説に基づいた理論が聞きたいのではありません。いま目の前に座っている人がどんな人なのかに、私たちは興味があるのです。

以上が面接のヒントです。皆さんにお会いするのを楽しみにしています。Good luck!