営業チームで働く

ヒルティに入社する社員のほとんどは、営業職からキャリアをスタートさせます。営業の仕事は会社や業務を理解するのに最適であり、大切なお客様との関係を深め、顧客満足度を高める営業活動こそが、ヒルティを成功に導くからです。

営業担当者は、さまざまな規模の企業のお客様に、ヒルティの革新的な製品やサービスについて直接説明する役割を担います。ローカルなプロジェクトの安全性や生産性を高めるお手伝いをするほか、世界的な注目を集める大型建築プロジェクトに関わることもあります。プロジェクト分野は、商業、環境、科学、スポーツなど、多岐に渡ります。プロジェクトを通じて、優れた功績を残すような技術を扱い、建設現場労働者からプロジェクトマネージャー、企業役員まで、あらゆる職位の方々と出会いお客様の課題解決に努めることになります。

営業は、キャリア開発の機会と素晴らしい成果を上げる機会を提供します。大半の社員はこの仕事にやりがいを感じて好きになり、営業部門に残りますが、他部門で新しい仕事に挑戦したいと思ったときは、そうすることも可能です。
 

営業の概念を覆す

ヒルティは、コンサルティング型の営業活動を行っています。従来型営業のコールドコール (売り込み電話) は行っていません。

これは、新規にお取り引きを希望するお客様と関係を築き、既存のお客様との関係を深めていくことを意味します。お客様の多くはヒルティ製品のことをすでに知っており、信頼できる製品だから購入したいと考えています。営業担当者は、こうしたお客様に業界最新のソリューションをお見せしながら、サービスやアフターケアを提案し、最先端のソフトウェアの提供を行っています。

優秀な社員の中には、営業の経験が皆無だった人や、建設業界で働くことになるとは思いもよらなかったという人がいます。それでも営業の仕事で成功したのは、彼らに活力、勇気、思考力、競争心があったからです。当社の営業チームにはさまざまなバックグラウンドの人がいますが、最終的な成功はチームワークと仕事に対する能力にかかっています。

「電動工具なんてどうやって売ったらいいんだろう? ドリルで穴をあけたことすらないのに!ヒルティに入社したときはそう思いました。でもやってみたら全く違っていたんです。実際には、自分の強みを伸ばし、良い仕事をして、やりがいを得るということに尽きます」。

エマ&ジェームズ

顧客サービス担当(営業)

お客様と最高の関係を築く、3つの職務

営業チームに所属するということは、文字どおりチームの一員となることを意味します。ヒルティはチームワークを重視する営業体制をとっており、だからこそ楽しくやりがいがある仕事ができるのです。各地域チームには、主に3つの職務があります。

建設現場のお客様のアカウントマネージャーとしての役割、ヒルティセンターでローカルの顧客にソリューションを提供する役割、顧客サービス窓口として、専門的なアドバイスをする役割の3つです。

重要なこれらの職務についてご説明します。

アカウントマネージャー

・コンサルティング営業を行います。信頼できるブランドから、最高品質の製品を購入したいと考える建設のプロのお客様と、良好な関係を築く役割を担います。

・複数のクライアントを受け持ちます。不動産開発業者、建設現場やプロジェクトで働く専門家などが含まれます。

・現場でお客様と協働したり、自分のスケジュール管理を行うなど、自主性を持って働きます。

・成果を出すために最善を尽くしてもらえるという信頼のもと、営業車両、製品デモンストレーションを行うための最新テクノロジーを用意します。

・電気関係や建物工事など、専門的な分野を担当して、短期間でその分野の製品やアプリケーションのエキスパートになることを目指します。

・新製品の発売とともに職務も変化し、キャリア開発の機会が生まれます。ヒルティでは毎年60もの工具、サービス、ソフトウエアのソリューションを発表しており、常に新しいことを学ぶ必要があります。

・強いコミットメント、好成績、成功への意欲があれば、早々と昇進してキャリアアップを図ることが可能です。

アカウントマネージャーの採用情報はこちら

 

ヒルティセンター担当者 (東京都渋谷区)

・小売を行うヒルティセンターで、すぐに商品を手に入れたいローカルのお客様や業者に対応します。個人事業者から大型建設現場まで、大小のアカウントが含まれます。

・自分の判断で、柔軟かつ自由な発想でヒルティセンターを運営します。一般向けのワークショップやデモンストレーションイベントを開催するなど、地域のお客様に向けて自分のアイディアで営業活動を行います。

・ヒルティのカタログ全般にわたって、製品知識を身に付けます。これは将来のキャリア選択に大いに役立ちます。専門家向け製品のことで助けが必要なときは、いつでもチームの助言が得られます。

・ヒルティセンターの運営は、自分でビジネスをするのと似ており、起業家精神が必要です。積極的にやればやっただけの成果が得られます。

ヒルティセンターの採用情報はこちら

カスタマーサービス窓口

・ヒルティの信頼できる窓口担当者として、大小の顧客ポートフォリオを管理し、多数のアカウントを担当します。お客様が何か必要になったときにいつでも連絡できる、親しみやすく人間的な顧客サービスを提供します。

・特定の製品や建設現場の問題について、お客様から技術的アドバイスを求める電話がかかってくることもあります。担当分野について熟知し、自信をもって問題を解決し、助言できるよう、徹底したトレーニングを受けます。

・お客様に電話をかけて、新製品やプロモーションについてお知らせすることもあります。これについても、定期的なレーニングを受けます。建設現場に出向いて、お客様に実際に会うこともあります。

・カスタマーサービスの意義は、お客様との信頼関係を深め、製品知識を活かしてお客様のニーズに応えるソリューションを提供することに尽きます。

カスタマーサービスの採用情報はこちら

トレーニング、挑戦、やりがいのすべてが充実

ヒルティでは、大企業のメリットを享受しながら、中小企業のように自主性を持って働くことができます。経験が浅くても、責任ある仕事を任され、自分のやり方で業務に取り組めます。

面接の一環として、営業チームの1日を紹介する「フィールドライド」(営業同行) を実施しています。これにより、どんな能力をもつ人が働いているか、お客様をどのように大事にしているかを、すぐに理解できると思います。

当社は社員に高い基準を要求しますが、社員に対して業務の遂行に必要な高度なトレーニングを実施しています。全てを備えた車両から最新のCRMソフトウェアまで、職務に必要な知識や設備を提供します。

トレーニングのほとんどは業務の中で行います。お客様に会いに行く前に、ヒルティの紹介(当社の価値観、戦略、企業文化など) と、製品の説明を行います。

ヒルティは、社員の努力に対して、十分なインセンティブ、業界最高水準のトレーニング、一対一のコーチングで応えます。また、社員のキャリアアップも支援しています。

当社では、チームワークやコミットメントに加え、継続的に業績を上げ続ければ、早々にリーダーシップの職務に昇級することが可能です。実際、多くの営業担当者が20代半ばから後半で最初の管理職に就いており、管理職の8割は内部登用です。

人材レビュープロセスも徹底しており、毎年キャリア・パフォーマンス・マッチングを行って、社員一人ひとりの能力を評価しています。このプロセスは、会社にとっては異なる職務、文化、市場で仕事をする社員に能力開発のきっかけを与え、社員にとってはスキルの幅を広げ、志や熱意を掻き立て、キャリアを切り拓くチャンスとなっています。